2022年3月31日 投稿者: admin

屋上緑化を推進するためには早めの準備が重要!


緑化事業を主に請け負っている工事業者と契約しよう

屋上緑化は、急激な気温の変化による建物へのダメージを防いだり、夏季や冬期の温度調節ができたりと様々な面でメリットがあります。こうした取り組みを積極的に推進するにあたっては、早い時期から社内の担当部署で議論をおこなって、緑化事業を主に請け負っている工事業者と打ち合わせを始めることが肝心です。最近では、都市部に立ち並ぶ高層ビルの緑化事業を得意とする工事業者をはじめとして、個々の法人顧客に対して対応可能な工事の種類や費用経費、施工後のサポートといった重要な点を説明しているところが多くあります。そこで、時間を掛けて多くの法人の間で広く支持されている工事業者の過去の実績を確認して、信頼できるところと契約を結ぶことが肝心です。

メンテナンスに掛かる費用についても計算しておこう

経済的な理由により屋上緑化を途中で断念しないためには、初期の工事や設備投資に掛かる費用だけでなく、定期的に発生が予想されるメンテナンスの費用についてもきちんと計算をしておくことが重要です。特に、高性能の屋上緑化システムを導入するにあたっては、パーツの破損や金属の劣化の有無を点検したり、数年おきに消耗品の交換をしたりするたびに、多額の費用が掛かることがあります。また、屋上の見た目を良くするために様々な種類の樹木や草花を植えたい場合には、植栽に関する専門知識や技術を持つ職人に対応を任せなければなりません。そのため、出費を最小限に抑えるうえで、屋上緑化に関するトータルサポートに定評がある工事業者に見積もりをお願いするのがポイントです。

屋上緑化とは軽量土壌をのせ芝生を育てるなど屋上を緑化することです。植物の蒸散作用で周辺の温度を下げる効果や、緑が直射日光を遮り建物内の空調稼働率を下げる役割などがあります。